エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

石油の使い道、石油製品とは

石油の使い道、石油製品とは

私たちの身の回りには、原料に石油

を使ったものがたくさんあります。

ただ、石油がそのままの状態で使われ

ているわけではありません。

さまざまな加工が行われています。

今回は石油製品について見ていきましょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

石油の意味

 

石油という言葉はいろいろな意味で使われ

ています。

石油ストーブの「石油」は「灯油」のこと

ですし、石油の値段などという場合の「石油」

は「ガソリン」や「原油」のことです。

ひとくちに「石油」といっても「灯油」

「原油」「ガソリン」など様々につかわれて

います。

「石油」とは、地下から取れる炭化水素という

水素と炭素の化合物の混合物を指す言葉です。

温度と圧力によって変化する気体の天然ガスや

固体のアスファルトも石油の仲間です。

 

 

原油から石油製品

 

 

油田から噴き出す黒い液体を「原油」と

いいます。

ガソリンや灯油、プラスチックなど、原油から

つくられるものを石油製品と言います。

原油からつくられるものは、LPガス、

ガソリン、ナフサ、ジェット燃料、灯油

軽油、重油、潤滑油、アスファルトなどが石油

製品です。

 

 

原油の精製

 

 

原油を石油製品にするにはどうするのでしょう

原油そのものは、どろどろとした真っ黒な液体で

においもあります。

このままでは使えません。

石油製品にするためには精製という作業が必要に

なります。

精製とは、不純物の多い物質から、純粋な化学成分

だけを取り出すことです。

原油には、ガスや水、塩分、バナジウム、ニッケル

などの重金属、微生物など、様々な物質が混ざって

います。

そこから必要な物質だけを取り出し、いろいろな製品

の原料に変えていくのです。

スポンサードリンク

 

潤滑油

自動車や船、飛行機といった乗り物や、工場の機械

電気製品など、さまざまな機械を動かすには、燃料だ

けでなく潤滑油も大事な役割があります。

潤滑油には、エンジン油、ギア油、油圧作動油、

タービン油など、様々な種類があります。

機械の動く部分が摩擦を起こして動きが悪くなったり

金属がすり減ってしまうのを防ぐ働きがあります。

潤滑油は石油から作った基油に、使う機械の性質

に合わせて添加剤を加えて作ります。

 

 

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。