エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

地球温暖化の原因の環境問題、日本の公害の歴史

地球温暖化の原因の環境問題、日本の公害の歴史

18世紀、イギリスで産業革命がおこりました

石炭を燃料にして工業が大発展しました。

その後、産業革命はアメリカや日本に広まり

暮らしを豊かにしてきました。

しかし、工場から出る排気ガスで大気が汚染

されるなど、いろいろな公害問題を引き起こし

ました。

そこで、今回は、日本で起こった大きな公害問

題を中心に、環境問題の歴史をふりかえってみ

ましょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

足尾鉱毒事件

足尾鉱毒事件(あしおこうどくじけん)または足尾銅山鉱毒事件(あしおどうざんこうどくじけん)は、19世紀後半の明治時代初期から栃木県と群馬県の渡良瀬川周辺で起きた日本で初めてとなる足尾銅山での公害事件。 銅山の開発により排煙、鉱毒ガス、鉱毒水などの有害物質が周辺環境に著しい影響をもたらしました。

 

水俣病

水俣病(みなまたびょう)は、メチル水銀化合物(有機水銀)による中毒性中枢神経系疾患のうち、産業活動が発生源となり、同物質が環境に排出され、食物連鎖によってヒトが経口摂取して集団発生した場合に言う。 1956年(昭和31年)5月1日に熊本県水俣市にて公式発見され、1957年(昭和32年)に発生地の名称から命名された。その後、類似の公害病にも命名されている。

 

 

イタイイタイ病

イタイイタイ病(イタイイタイびょう)とは、岐阜県の三井金属鉱業神岡事業所(神岡鉱山)による鉱山の製錬に伴う未処理廃水により、神通川下流域の富山県で発生した公害で、日本初の公害病で四大公害病のひとつである。

 

 

新潟水俣病

第二水俣病(だいにみなまたびょう)とは、日本の化学工業会社である昭和電工の廃液による水銀汚染の食物連鎖で起きた公害病である。そして、1965年(昭和40年)に確認された四大公害病の一つである。 熊本県の水俣病と同様の症状が確認されたためにこの名がある。新潟県阿賀野川下流域で患者が発生した事から「新潟水俣病」や「阿賀野川有機水銀中毒」とも呼ばれる。

 

 

四日市ぜんそく

四日市ぜんそく(よっかいちぜんそく)は、三重県四日市市(塩浜地区を中心とする四日市市南部地域・四日市市中部地域)と、南側に隣接する三重郡楠町(現:四日市市)で、高度経済成長期の1960年(昭和35年)から1972年(昭和47年)にかけて政治問題化した四日市コンビナートから発生した大気汚染による集団喘息障害である。四大公害病の一つ。

 

スポンサードリンク

 

このほかの公害問題

ここにあるのは、ほんの一部にすぎ

ません。

本当はもっといろいろな公害問題がおこ

っています。

自動車の排ガス、PCB(ポリ塩化ビフェニル)

ダイオキシン、酸性雨の問題など、

光化学スモッグは今でも発生しています。

酸性雨やオゾン層の破壊など、地球全体

の問題になると、日本だけでは解決でき

ないです。

温暖化のような地球全体の問題は

世界中の人々みんなで協力して解決して

いかなければなりません。

 

 

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。