エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

地球温暖化が原因で雨や台風が強くなっている?

地球温暖化が原因で雨や台風が強くなっている?

温暖化による気温の上昇は、地球の大気の

運動を活発にさせます。

そのため、体風などの暴風雨の勢いが強く

なっています。

また、突然の豪雨に襲われたりするなど

気象の変化が激しくなっています。

毎年、世界各地で大きな気象災害がおきて

います。

地球温暖化が進むと、もっと災害が多くなる

でしょう。

今回は暴風などの気象現象について見ていきます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

サイクロンに襲われたミャンマー

ミャンマーのベンガル湾はサイクロンと呼ばれる

台風が発生しやすい海です。

2008年、ミャンマーを襲った大型のサイクロン

は、これまでにない高波と強風によって10万人

以上の死者や行方不明者を出しました。

ハリケーンもサイクロンも、熱帯付近の海で

発生する強い低気圧で、日本にやってくる

台風と同じ気象現象です。

ゲリラ豪雨と都市型洪水

 

ゲリラ豪雨は、突然に降り始めて、土砂降りに

なる集中豪雨です。

あまりに急激なので、事故も起こりやすいです。

都市型洪水は、大都市に多い災害です。

都市は道路や建物が多いため、

雨が地面にしみこみにくく、いきなり大雨が

降ると、下水道や川に急に大量の水が流れ込

んで、あふれてしまいます。

多くの人がいる地下街に流れ込んでしまうと

危険です。

 

スポンサードリンク

 

夏の豪雨の仕組み

 

 

夏に太陽が照り付けると、熱くなった地面付近

から上昇気流が発生します。

上昇した空気が冷えると、雲が発達し、大雨が

降りやすくなるのです。

 

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。