エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

放射線による作用の利用

2011年、日本で初めて原子力発電所で

大規模な事故が起こってしまいました。

稼働中であった原子炉を止めることが

できず、原子炉内の多くの放射性物質が

飛び散りました。

人が暮らす環境が放射性物質によって

汚染されてしまいました。

そこで問題なのが、一般の人たちに根

づいている放射線に対する不安や恐怖

です。

それは放射線のことをよく知らないか

らです。

そこで、放射線の正体についてみて

いきましょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

製品の加工

放射線の作用で物質を作っている原子

分子の結びつきを変えると、その物質の

性質にさまざまな変化が起こります。

この仕組みを利用して、工業などで使う

材料をよりすぐれたものに変化させたり

新しい材料を作り出す技術がいくつも実

用化されています。

プラスチックやゴムに放射線を当てると

熱や水などの影響に強く、壊れにくい

材料を作ることができます。

これは、自動車の断熱材などとして利用

されています。

また、プラスチックの中には放射線によ

って吸水性が高くなるものもあり、高性

能な吸収材や人口角膜やソフトコンタク

トレンズとして用いられています。

それに、製品を加工するときに放射線が

使われたりします。

 

 

排気ガス

工場から出る排気ガスをきれいにする

時にも放射線が使われている例もあります。

石炭を燃やして出る排気ガスには硫黄の化

合物が多く含まれていて、これが酸性雨など

環境破壊の原因になります。

この排気ガスに電子線を当て硫黄成分を別の

物質に変化させる技術も登場しています。

また、ごみ処理場で問題になる環境ホルモン

であるダイオキシンに、電子線を当てること

で、95%も取り除けます。

物質を変化させる放射線の性質は、このほか

にもさまざまに利用されています。

スポンサードリンク

 

ゼオクリン



今、話題のゼオライト!除染パウダーの驚

異の吸着力 今、一番気になっているセシウ

ムを97%吸着。 除染パウダー『ゼオクリン』

は、千葉大大学院の医学研究員で検証済み。

優れた機能性ゼオライトが完成しました。

安全性も日本食品分析センターで確認済み。

除染パウダー『ゼオクリン』は12/21の日

経MJ(日経流通新聞)に掲載され、もう既

に一部の方から口コミ拡大が始まっています。

特に小さな子供やペットなどには、セシウム

137は半減期が30年なので大きな影響が出

やすいため除染パウダーの必要性が高いです。

 

 

まとめ

 

なぜ放射線が怖いのか、それは放射線を

よく知らないからです。

放射線に対する正しい知識を身につければ

いざというとき自分で判断して行動できま

す。

放射線は産業でも医療でも利用されていて

これまで人類の発展に貢献してきたのです。

皆さんが放射線について正しい知識をもて

ば、正しい行動ができるのです。

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。