エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

医療での放射線利用

2011年、日本で初めて原子力発電所で

大規模な事故が起こってしまいました。

稼働中であった原子炉を止めることが

できず、原子炉内の多くの放射性物質が

飛び散りました。

人が暮らす環境が放射性物質によって

汚染されてしまいました。

そこで問題なのが、一般の人たちに根

づいている放射線に対する不安や恐怖

です。

それは放射線のことをよく知らないか

らです。

そこで、放射線の正体についてみて

いきましょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

X線

 

エックス線撮影は、19世紀末にドイツ

で開発されてから

1世紀以上にわたって改良され続けな

がらも医療の現場で使われている

代表的な放射線技術の一つです。

X線はものを通り抜ける力が強いため

身体の柔らかい組織を通り抜けます。

どもカルシウムなどの金属の多い組織

の骨などは通りにくくなります。

X線は写真フイルムのような感光材を

変化させるので、通りぬけやすさの違いで

画像の濃淡を表わすことができます。

この画像で体の中を調べるのです。

最近では画像データもフイルムやプリント

ではなく、コンピューターに取り込んで診断

に利用しています。

また、様々な方向からのエックス線画像を

合成し、体の内部を立体的に見る技術

(CTスキャン)も発達しています。

 

 

シンチグラフィ

体の外から放射線を当てるのではなく

体の中に微量の放射性物質を入れて

そこから出る放射線をとらえて体の状態

を調べる技術もあります。

がんはもちろん、様々な臓器の状態を調べ

たり、血流の様子などを、体を切ること

なく観察できます。

特に微液妙な血液の流れが大きな影響を

与える脳の病気では、重要な診断技術です。

 

 

PET

陽電子を利用した体内の診断技術、ポジト

ロン断層撮影(PET)も使われています。

これは、陽電子を出す放射性物質を体の

中に入れ、放出された陽電子が体内の水分

とくっついて消滅する際に出るγ線を観察

するのものです。

γ線が飛び出す方向を調べることで、体の

中の状態を詳しく調べることができます。

脳の内部を調べることが可能であるため

脳の活動の研究などにも用いられています。

 

 

ゼオクリン



今、話題のゼオライト!除染パウダーの驚

異の吸着力 今、一番気になっているセシウ

ムを97%吸着。 除染パウダー『ゼオクリン』

は、千葉大大学院の医学研究員で検証済み。

優れた機能性ゼオライトが完成しました。

安全性も日本食品分析センターで確認済み。

除染パウダー『ゼオクリン』は12/21の日

経MJ(日経流通新聞)に掲載され、もう既

に一部の方から口コミ拡大が始まっています。

特に小さな子供やペットなどには、セシウム

137は半減期が30年なので大きな影響が出

やすいため除染パウダーの必要性が高いです。

 

 

まとめ

 

なぜ放射線が怖いのか、それは放射線を

よく知らないからです。

放射線に対する正しい知識を身につければ

いざというとき自分で判断して行動できま

す。

放射線は産業でも医療でも利用されていて

これまで人類の発展に貢献してきたのです。

皆さんが放射線について正しい知識をもて

ば、正しい行動ができるのです。

スポンサードリンク

 

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。