エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

放射線量の安全基準値とは、害があるのはどれくらい?

放射線量の安全基準値とは、害があるのはどれくらい?

2011年、日本で初めて原子力発電所で

大規模な事故が起こってしまいました。

稼働中であった原子炉を止めることが

できず、原子炉内の多くの放射性物質が

飛び散りました。

人が暮らす環境が放射性物質によって

汚染されてしまいました。

そこで問題なのが、一般の人たちに根

づいている放射線に対する不安や恐怖

です。

それは放射線のことをよく知らないか

らです。

そこで、放射線の正体についてみて

いきましょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

放射線量の単位

放射線の量は、放射性物質で起きている

1秒当たりの崩壊の数・・・ベクレル(Bq)

という単位で表します。

 

しかし、放射線の種類が同じでも放出する

核種によってエネルギーの大きさが違います。

つまり、放射線の値が同じでも、与える影響

が同じではありません。

 

放射線による影響は体の器官で異なり、量

だけでは与える影響を表わせません。

 

このため、人体が受けるダメージの割合を総

合的に計算したのが実効線量でシーベルト(Sv)

で表します。

 

普段浴びている量は

 

普段、私たちは自然からの放射線を浴びていま

す。

 

その量は世界平均で年間約0.0024Sv で、日本

平均は0.0021Svです。

 

ただし、高地では宇宙からの放射線が多くなり、

地下にある放射性物質の量の違いにより、地域

ごとに地球内部からの放射線量が異なります。

 

またほかにも、身の回りでいろいろな放射線

を浴びています。

 

医療でCTスキャンを受けると0.0069Sv

飛行機で東京ーニューヨーク間を一往復で

宇宙からの放射線を0,0002被曝します。

 

 

害になる量

自然放射線は、人間の体に影響がないレベル

と考えられますが、どれくらいなら影響がある

のでしょうか。

 

短時間で500~1000ミリSvを全身に被曝した

場合、白血球が減少して免疫力が下がります。

 

また、短時間に4000ミリSv で50%の人が死に

7000ミリSVで100%の人が死にます。

 

ただし、短時間にこのような大量の放射線を

浴びるのは特殊な場合です。

 

被曝がわずかであれば、体の修復機能などの

働きで、健康を害する影響は出ません。

 

 

線量限度

 

わずかな放射線でも長期間にわたって浴びた

場合はどうでしょう。

 

放射線の影響は直ちに現れるとは限らず、長い

時間をおいて、あるいは子孫の代になってあら

われることもあります。

 

日本では国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告

をもとに、被曝の上限を定めています。

 

これを「線量限度」

いいます。

 

これ以上の被ばくがあると人体に影響が出ると

いう上限の値です。

 

 

一般の線量限度は一年間で1ミリSvで、放射線

業務従事者の線量限度が5年間で100ミリSv

1年間の最大が50ミリSvです。

 

 

ゼオクリン



今、話題のゼオライト!除染パウダーの驚

異の吸着力 今、一番気になっているセシウ

ムを97%吸着。 除染パウダー『ゼオクリン』

は、千葉大大学院の医学研究員で検証済み。

優れた機能性ゼオライトが完成しました。

安全性も日本食品分析センターで確認済み。

除染パウダー『ゼオクリン』は12/21の日

経MJ(日経流通新聞)に掲載され、もう既

に一部の方から口コミ拡大が始まっています。

特に小さな子供やペットなどには、セシウム

137は半減期が30年なので大きな影響が出

やすいため除染パウダーの必要性が高いです。

 

 

まとめ

 

なぜ放射線が怖いのか、それは放射線を

よく知らないからです。

放射線に対する正しい知識を身につければ

いざというとき自分で判断して行動できま

す。

放射線は産業でも医療でも利用されていて

これまで人類の発展に貢献してきたのです。

皆さんが放射線について正しい知識をもて

ば、正しい行動ができるのです。

スポンサードリンク

 

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。