エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

放射線を観察してみよう。ドライアイスでつくる拡散霧箱

放射線を観察してみよう。ドライアイスでつくる拡散霧箱

2011年、日本で初めて原子力発電所で

大規模な事故が起こってしまいました。

稼働中であった原子炉を止めることが

できず、原子炉内の多くの放射性物質が

飛び散りました。

人が暮らす環境が放射性物質によって

汚染されてしまいました。

そこで問題なのが、一般の人たちに根

づいている放射線に対する不安や恐怖

です。

それは放射線のことをよく知らないか

らです。

そこで、放射性物質の正体についてみて

いきましょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

簡単な拡散霧箱

家庭でも放射線の様子を観察することが

できます。

「霧箱」という装置をつくって観察してみ

ましょう。

霧箱は、いろいろな種類があります。

最も手軽に作れるのが、エタノールとドラ

イアイスでつくる拡散霧箱です。

その仕組みは、透明な容器の中にエタノール

の蒸気を充満させて密閉し、下にドライアイス

を置いて底の部分を冷やします。

気体のエタノールは十分に冷えると液体に戻り

ますが、空中で液体の粒ができるにはきっかけ

が必要で、それがないと液体になる温度になっ

ても気体のままです。

そこの放射線がやってくることで、空中のエタ

ノール蒸気が液の粒になり、光が反射して白く

見えるのです。

容器の中に放射線を出す物質を入れることで、

α線などが観察できます。

また、宇宙線や宇宙線によって発生した放射線

が通ることがあるので、何も入れなくても飛跡

が観察できます。

 

 

飛跡

放射線の種類で飛跡は異なります。

α線の飛跡は、数センチほどのやや太い白い

直線として見えてから、ぼやっと広がって消え

ます。

β線の飛跡は、α線に比べて細く、また空気

などの気体分子にぶつかり少しずつ向きを変

えるため、ちじれた線のように見えます。

また、霧箱の近くに磁石を置いておくと、

電気の性質によって放射線の軌道は曲がる

ため、飛跡も曲がって見えます。

α線は同じプラスなので進行方向に対して

曲がる向きは一定ですが、β線は正体が

電子の場合はマイナス、陽電子の場合は

プラスであるため、逆方向に曲がるものが

観察できます。

 

 

ゼオクリン



今、話題のゼオライト!除染パウダーの驚

異の吸着力 今、一番気になっているセシウ

ムを97%吸着。 除染パウダー『ゼオクリン』

は、千葉大大学院の医学研究員で検証済み。

優れた機能性ゼオライトが完成しました。

安全性も日本食品分析センターで確認済み。

除染パウダー『ゼオクリン』は12/21の日

経MJ(日経流通新聞)に掲載され、もう既

に一部の方から口コミ拡大が始まっています。

特に小さな子供やペットなどには、セシウム

137は半減期が30年なので大きな影響が出

やすいため除染パウダーの必要性が高いです。

 

 

まとめ

 

なぜ放射線が怖いのか、それは放射線を

よく知らないからです。

放射線に対する正しい知識を身につければ

いざというとき自分で判断して行動できま

す。

放射線は産業でも医療でも利用されていて

これまで人類の発展に貢献してきたのです。

皆さんが放射線について正しい知識をもて

ば、正しい行動ができるのです。

スポンサードリンク

 

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。