エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

原発の利点と問題点。危険を避けるための技術

 

2011年、日本で初めて原子力発電所で

大規模な事故が起こってしまいました。

稼働中であった原子炉を止めることが

できず、原子炉内の多くの放射性物質が

飛び散りました。

人が暮らす環境が放射性物質によって

汚染されてしまいました。

そこで問題なのが、一般の人たちに根

づいている放射線に対する不安や恐怖

です。

それは放射線のことをよく知らないか

らです。

そこで、原発についてみて

いきましょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

原発の利点

 

原発は世界各国で数多く作られています。

福島原発でおきた事故のような危険性も

ありながらも原発が造られているのは、

ほかの発電方法にはない利点があるのです。

 

一つ目が、原発はとてもハイパワーである

こと、

核分裂では、天然ガスや石油などの化石燃料

を燃やす化学反応などに比べて、桁違いの

大きなエネルギーが得られます。

 

同じ重さの石油を燃やして得られるエネルギ

ーの、およそ100万倍といわれています。

 

2つ目、天然ガスや石油などは、それほど遠く

ない将来になくなる心配がありますが、

原発では「核燃料リサイクル」という技術

の開発が進めば、ウラン資源をはるかに長期

期間使用できます。

 

3つ目に、火力発電と違って、運転している

間は二酸化炭素を出さないため、環境にあた

得る影響も小さいと考えられます。

 

有害な排気ガスも出さず、騒音や振動なども

火力発電に比べて大変小さくできます。

 

4つ目は、風力や太陽光などと違い、自然条件

や天候などに左右されないため、安定した

電力供給ができるなどの利点があります。

 

 

原発の問題点

 

原子発電では核反応を利用するため、発電の

際に放射線が放出されます。

 

放射線はその強さや量により、生物に影響を

与える場合があります。

 

そのため、原子力発電所では、放射能を外部

にもらさないための工夫や安全対策が大変需要

です。

 

核燃料は使用する前や使い終わった後でも、放

射線を出し続けます。

 

さらに、放射線を出さない物質でも、強い放射

線を浴びると自ら放射線を出す放射性物質に変

化するものがあります。

 

原発では、使い終わった燃料や使用した資材など

放射線を出すさまざまなごみが出てしまいます。

 

また、放射線にまして、放射性物質が漏れるのも

問題です。

 

福島第一原発の事故のように、放射性物質が外に

出て広がってしまうと、広範囲に長期間影響を

与えます。

 

これは、放射性物質が放射線を出さなくなるまで

には、大変長い時間がかかります。

 

つまり、原発を安全に運用していくためには、使

い終わった核燃料を以下に安全に処理するか、

事故が起きたときは、どのように放射性物質のも

れを防ぐのか、

というさまざまな高度な技術の開発が必要になって

きます。

 

 

 

放射線汚染の予防



今、話題のゼオライト!除染パウダーの驚

異の吸着力 今、一番気になっているセシウ

ムを97%吸着。 除染パウダー『ゼオクリン』

は、千葉大大学院の医学研究員で検証済み。

優れた機能性ゼオライトが完成しました。

安全性も日本食品分析センターで確認済み。

除染パウダー『ゼオクリン』は12/21の日

経MJ(日経流通新聞)に掲載され、もう既

に一部の方から口コミ拡大が始まっています。

特に小さな子供やペットなどには、セシウム

137は半減期が30年なので大きな影響が出

やすいため除染パウダーの必要性が高いです。

 

 

まとめ

 

なぜ放射線が怖いのか、それは放射線を

よく知らないからです。

放射線に対する正しい知識を身につければ

いざというとき自分で判断して行動できま

す。

放射線は産業でも医療でも利用されていて

これまで人類の発展に貢献してきたのです。

皆さんが放射線について正しい知識をもて

ば、正しい行動ができるのです。

スポンサードリンク

 

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。