エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

地球に降り注ぐ宇宙線、大量のエネルギーで

地球に降り注ぐ宇宙線、大量のエネルギーで、

宇宙から地球に届いている放射線を

宇宙線と呼びます。

これには、遠く太陽系の外からくる

「銀河放射線」

と太陽から届く

「太陽放射線」があります。

 

suponsarink
スポンサードリンク

銀河放射線

 

銀河放射線は、宇宙にある無数の恒星

が発生源です。

 

恒星は自分で光っている星です。

 

それが私たちの太陽系がある銀河系に

およそ2000億個あり、

宇宙全体では大小さまざまな銀河が

少なくとも1700億個あると考えられて

います。

 

その中の太陽の数倍以上の大きさを持つ

恒星は、一生の最後に大爆発を起こし、

大量の物質と、大量の放射線を宇宙空間に

放ちます。

 

それが地球に届くのが銀河放射線です。

 

 

太陽放射線

 

私たちの太陽も恒星です。

宇宙空間にあった物質が集まって、

およそ50億年ほど昔に誕生しました。

 

この時集まった物質の大部分は、宇宙で

もっともありふれた物質である水素です。

 

現在の太陽では、水素が核融合を起こし、

ヘリウムに変わり、この時に出る大量の

エネルギーで光っています。

 

核融合反応では、光のほか、陽子、陽電子

ニュートリノ、γ線などが放出されていて、

これらは放射線として周囲に放たれています。

 

太陽以外の恒星も常に放射線を出しています

が、近くにある太陽の影響はひときわ大きい

のです。

 

ビクター・フランツ・ヘス

20世紀の初めのころ、オーストリアの

物理学者ビクター・フランツ・ヘスが

宇宙線を発見しました。

 

ヘスは気球を使って高いとことの放射線の

強さを測定しました。

 

上空に行くほど放射線は強くなることから

地球外からの放射線が飛来していることに

結論付けました。

 

ヘスは、この業績により、1936年にノーベル

物理学賞を受賞しました。

 

 

 

ゼオクリン



今、話題のゼオライト!除染パウダーの驚

異の吸着力 今、一番気になっているセシウ

ムを97%吸着。 除染パウダー『ゼオクリン』

は、千葉大大学院の医学研究員で検証済み。

優れた機能性ゼオライトが完成しました。

安全性も日本食品分析センターで確認済み。

除染パウダー『ゼオクリン』は12/21の日

経MJ(日経流通新聞)に掲載され、もう既

に一部の方から口コミ拡大が始まっています。

特に小さな子供やペットなどには、セシウム

137は半減期が30年なので大きな影響が出

やすいため除染パウダーの必要性が高いです。

 

 

まとめ

 

なぜ放射線が怖いのか、それは放射線を

よく知らないからです。

放射線に対する正しい知識を身につければ

いざというとき自分で判断して行動できま

す。

放射線は産業でも医療でも利用されていて

これまで人類の発展に貢献してきたのです。

皆さんが放射線について正しい知識をもて

ば、正しい行動ができるのです。

スポンサードリンク

 

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。