エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

バイオガス発電とは、臭いはどうなの?

バイオガス発電とは、臭いはどうなの?

バイオマスエネルギーは、将来、大きな

可能性のある代替エネルギーです。

植物は太陽のエネルギーを生かすことが

できます。

植物の葉にクロロフィルと呼ばれる緑の

色素が含まれているからです。

この色素のおかげで植物は、光を使って

二酸化炭素を水を結びつけ、糖類を生み

だします。

動物は、この糖類をエネルギーとして育ち

自分たちの子孫を残すのです。

人類は、何千年もの間、樹木を切ってエネ

ルギー源として使ってきました。

この樹木に替わり、樹木と同じようにとて

も役に立つ植物が登場してきました。

技術の進歩で、私たちもそのようなエネル

ギーを利用することができるようになった

のです。

メタンガス

酸素がないところで、動物の糞やごみに

なった野菜や植物などがバクテリアに分解

されると、メタンガスを中心にさまざまな

ガスが発生します。

 

このメタンガスが再生可能なエネルギー源

です。

 

メタンガスをつくる方法はいくらでもあり、

家庭ごみの中の有機物が、埋立地で腐ると

メタンガスが発生します。

 

このガスをパイプで集めて燃やし、発電

するのです。

 

メタンガスとは

メタンは強力な温室効果ガスでもあり、同量の二酸化炭素の21〜72倍の温室効果をもたらすとされている[8][9]。
産業革命以来、人工的な温暖化ガスの排出量が急激に増加しており、温暖化が加速度的に進行していることが国際的な社会問題となっている。火山ガスであるメタンは、世界最大の火山帯である日本列島および近海から常に大量に放出され続けていることに加え、気温が上昇すれば海底や永久凍土中のメタンハイドレートが放出されることも懸念されるため、日本は積極的にメタンやメタンハイドレートを開発し、燃焼させるべきだとする意見もある。
また、牛など、草食動物のげっぷにはメタンが含まれ、その糞からもメタンが発生するため、牛が増えるとメタンガスも増えて温室効果を助長するという説が広まり、大量の牛肉を使用・廃棄しているハンバーガー販売企業がバッシングされる事態も発生した。人口の10倍以上の家畜を抱える酪農国のニュージーランドでは、羊や牛のげっぷを抑制するという温暖化対策を進めようとしたが、農民の反対を受けている。

採炭をわざわざ採鉱と区別するのは,石炭を採掘する作業が,普通の金属鉱山や石灰石鉱山などでの作業と相違する特徴をもつためと考えられる。しかし,たしかに,石炭層やその周囲の岩石,いわゆる夾炭層の性質に適応する採掘法,メタンガスや炭塵による爆発の危険性,採掘量の大きさなどで,石炭鉱山には他の鉱山とは異なった面があるが,採掘に当たっての基本的な考え方,すなわち,安全に,経済的に,そして完全に採掘するという理念にはなんらの変りはない。 石炭の採鉱,すなわち採炭も,大きく露天採炭と坑内採炭の二つに分けられる

 

 

バイオガス

 

インドでは、土に穴を掘り、糞などの

有機ごみを埋める事がよくあります。

 

そのごみが腐り、バイオガスが発生します。

バイオガスはメタンガスと二酸化炭素がま

ざったガスです。

 

メタンガスは料理や暖房の燃料になります

今までは、この様にしてつくれれたメタン

ガスは、家族や限られた地域の人たち

だけで使う分くらいの量しかありませんで

した。

 

現在、バイオガスをつくる大規模な工場

が建てられています。

 

さらにたくさんのごみを処理することが

できるようになるでしょう。

バイオガスとバイオマス

 

バイオガス発電は、家畜の糞尿、食品廃棄物、

下水道・汚水などの有機ゴミを発酵させて可

燃性のバイオガス(メタン、二酸化炭素など)

を取り出して燃焼し、発生する熱を利用して蒸

気でタービンを回す仕組みです。

 

ガスを作ったバイオ燃料の残り(消化液)は、

雑草種子や病原菌が含まれない安全な肥料とし

て二次利用できます。

 

バイオマス発電は、家畜の糞尿、食品廃棄物、

木質廃材などの有機ゴミを直接燃焼し、発生す

る熱を利用して蒸気でタービンを回す仕組みで

す。

 

「バイオマス」は、動物・植物などを由来とす

る生物資源の総称です。

 

 

バイオガス工場

ヨーロッパとくにドイツ、デンマーク

オランダにバイオガス工場がつくられ

ています。

 

動物の糞や、余った果物、野菜を大量の

メタンガスに変えることができます。

 

紙パルプ産業で出る繊維などのごみも

砂糖工場や皮なめし工場から出る汚れた

水も、すべてバイオガスを作り出すこと

ができます。

 

バイオガスの臭いは

腐敗することで強烈な異臭を放つ、食品残

渣(ざんさ)や食品廃棄物、家畜の糞尿な

どの有機ゴミ。

 

しかし、嫌気状態で発酵した後のバイオガス

や消化液にはほとんどにおいがしません。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。