エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

びっくりバイオ燃料、バイオマス発電

びっくりバイオ燃料、バイオマス発電

バイオマスエネルギーは、将来、大きな

可能性のある代替エネルギーです。

植物は太陽のエネルギーを生かすことが

できます。

植物の葉にクロロフィルと呼ばれる緑の

色素が含まれているからです。

この色素のおかげで植物は、光を使って

二酸化炭素を水を結びつけ、糖類を生み

だします。

動物は、この糖類をエネルギーとして育ち

自分たちの子孫を残すのです。

人類は、何千年もの間、樹木を切ってエネ

ルギー源として使ってきました。

この樹木に替わり、樹木と同じようにとて

も役に立つ植物が登場してきました。

技術の進歩で、私たちもそのようなエネル

ギーを利用することができるようになった

のです。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

バイオ燃料

燃料に向いた植物はたくさんあります。

このようなバイオ燃料は、ヤナギやサトウキ

ビなど育つのが早いものがほとんどです。

わらのようなものも役に立ちます。

 

しかし、バイオ燃料はかさばるので、運んだ

り、熱かったりするのがとても大変です。

 

燃やしたときに出る排ガスも問題です。

 

現代の発電所は、煙突にフィルターをつけ

て、燃料から出る環境によくないガスを取り

除いています。

 

バイオ燃料を使うときは、フィルターを頻繁

に交換する必要があります。

 

しかし、このような問題はいずれ解決できる

でしょう。

 

メタンガス

メタンは強力な温室効果ガスでもあり、同量の二酸化炭素の21〜72倍の温室効果をもたらすとされている[8][9]。
産業革命以来、人工的な温暖化ガスの排出量が急激に増加しており、温暖化が加速度的に進行していることが国際的な社会問題となっている。火山ガスであるメタンは、世界最大の火山帯である日本列島および近海から常に大量に放出され続けていることに加え、気温が上昇すれば海底や永久凍土中のメタンハイドレートが放出されることも懸念されるため、日本は積極的にメタンやメタンハイドレートを開発し、燃焼させるべきだとする意見もある。
また、牛など、草食動物のげっぷにはメタンが含まれ、その糞からもメタンが発生するため、牛が増えるとメタンガスも増えて温室効果を助長するという説が広まり、大量の牛肉を使用・廃棄しているハンバーガー販売企業がバッシングされる事態も発生した。人口の10倍以上の家畜を抱える酪農国のニュージーランドでは、羊や牛のげっぷを抑制するという温暖化対策を進めようとしたが、農民の反対を受けている。

スポンサードリンク

 

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。