エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

地熱エネルギーはいつかなくなるの?

地熱エネルギーはいつかなくなるの?

将来のエネルギー源として、地熱エネルギ

ーがあります。

地上には、恩戦野決まった時間に湧き出る

間欠泉などがあり、お湯や蒸気が出ています。

人々はその熱を利用して、料理をしたり、

風呂に入ったり、家を暖めたりしていました。

昔のローマ人は、ポンペイで地面から出るお

湯を家の暖房にして使っていました。

今では、地熱エネルギーで発電に利用する

こともできます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

地熱ヒートポンプ

 

地面のすぐ下の熱も利用できます。

1948年、アメリカのカール・ニールセンは

家を温めようと、地熱ヒートポンプを開

発しました。

ニールセンは、地下1mのところの温度が、

いつでも7℃から15℃だと気がつきました。

そこで、パイプを埋めて、中に冷たい水を

通します。

すると、土の中の熱が水に伝わり、パイプを

通って、家の中に入る仕組みです。

このシステムは、世界中で使われています。

アメリカ合衆国だけで、30万以上の建物が

同じ種類のヒートポンプを利用しています。

地熱エネルギーはいつかなくなるの?

将来のエネルギー源として、地熱エネルギ

ーがあります。

地上には、恩戦野決まった時間に湧き出る

間欠泉などがあり、お湯や蒸気が出ています。

人々はその熱を利用して、料理をしたり、

風呂に入ったり、家を暖めたりしていました。

昔のローマ人は、ポンペイで地面から出るお

湯を家の暖房にして使っていました。

今では、地熱エネルギーで発電に利用する

こともできます。

地熱ヒートポンプ

地面のすぐ下の熱も利用できます。

1948年、アメリカのカール・ニールセンは

家を温めようと、地熱ヒートポンプを開

発しました。

ニールセンは、地下1mのところの温度が、

いつでも7℃から15℃だと気がつきました。

そこで、パイプを埋めて、中に冷たい水を

通します。

すると、土の中の熱が水に伝わり、パイプを

通って、家の中に入る仕組みです。

このシステムは、世界中で使われています。

アメリカ合衆国だけで、30万以上の建物が

同じ種類のヒートポンプを利用しています。

 

 

地熱エネルギーの研究

2000年には、地熱エネルギーで、21の国が

700万kw以上の電力を生み出しました。

アメリカでは約270万kwで、これは6000万

バレルの石油を燃やしたのと同じくらいの

電力です。

アイスランド、ケニア、ニュージーランドな

ど、石油や石炭が取れない国では、地熱が主

なエネルギー源です。

ケニアには3つの発電所があり、出力も58万

kwに増える見込みです。

ケニアでは国の電力の25%を地熱発電でつく

り出すことができるようになるでしょう。

 

 

地熱エネルギーのこれから

 

地熱発電所は、あと何十年かは利用できますが、

いつかは使い切ってしまうでしょう。

蒸気や熱湯が出なくなり、地面も冷えてしまい

ます。

イタリアで蒸気で地熱発電所のあるラルデレロ

では、1950年に比べると、蒸気の圧力のレベル

が30%も下がっています。

スポンサードリンク

 

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。