エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

フラッシュ発電とバイナリー発電

将来のエネルギー源として、地熱エネルギ

ーがあります。

地上には、恩戦野決まった時間に湧き出る

間欠泉などがあり、お湯や蒸気が出ています。

人々はその熱を利用して、料理をしたり、

風呂に入ったり、家を暖めたりしていました。

昔のローマ人は、ポンペイで地面から出るお

湯を家の暖房にして使っていました。

今では、地熱エネルギーで発電に利用する

こともできます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

フラッシュ発電

発電に都合に良い蒸気だけが出てくるところは

滅多にありません。

 

一方、熱湯が出てくる場所はよくあります。

 

熱湯は岩の下からどんどん湧き出てきますが、

重なった岩の大きな圧力を受けているため

蒸発することができません。

 

電力を作り出すには、150℃から400℃の熱い

お湯をパイプで発電所に送ります。

 

そこで圧力を下げ、水をあっと言う間に

蒸発させ、蒸気をつくります。

 

これがフラッシュ発電です。

 

 

バイナリー発電

1980年代には、発電所も改良され、120℃

から200℃くらいのお湯でも利用できるよ

うになりました。

 

それ以前は、この温度では低すぎて短時間で

蒸気にはならなかったのです。

 

まず、熱湯をパイプを通して熱交換器に

運びます。

 

熱交換器の中で熱湯の熱はは別の液体に伝わり

温まったその液体が蒸発して、その蒸気でター

ビンを動かすのです。

 

その後蒸気は元の液体に戻り、再び熱せられます。

これがバイナリー発電です。

 

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。