エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

核エネルギーは地球のことを考えた発電方法

太陽、風、水の力で生み出す電力では

将来、私たちが必要とする電力を十分

に満たすことはできません。

これら以外のエネルギー源として、

原子力があります。

 

原子力の問題

1960年代、原子力産業は、発展してい

きました。

なかでもアメリカでどんどん発展して

いきました。

お金がかからず、環境を汚さない安全

なものと考えられてきました。

しかし、原子炉の安全性や放射性廃棄

物の捨て方に問題が出てくると、不安

の声が上がるようになりました。

それでも原子力

アメリカ合衆国のスリーマイル島原子

力発電所の事故やウクライナのチェル

ノブイリ原発事故など、原子力発電所

で起きた事故のため、人々は核燃料が

安全だとは思わなくなりました。

しかし、それでも人類は、核エネルギ

ーを頼りにしています。

31か国に約440の原子力発電所があり、

3億kw以上の電力を生み出しています。

これは世界の電力の16%に当たります。

フランスでは電力の75%以上を、原子

力から得ています。

スポンサードリンク

 

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。