エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

日本の省エネ技術は世界一!!

日本の省エネ技術は世界一!!

省エネ技術とは、エネルギーの利用効率

が高く、エネルギー消費量の少なくて済

む技術のことです。

 

1970年代の石油危機以降、エネルギー資

源を持たない日本は、世界に先駆けて省

エネ技術の研究と開発に積極的に取り組

み、自動車、家電製品、工場など、あら

ゆる分野に省エネ技術が活用されるよう

になりました。

 

その結果、日本の製造業のエネルギー効

率は世界トップレベルに達しました。

鉄やセメントの生産に必要なエネルギー

量は日本が最も少なく、それが外国の製

品に打つかつ競争力につながります。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

家庭の消費電力

 

家庭のエネルギーの消費量は、日本の

全消費量の14%に当たります。

 

家庭で称されるエネルギーは電力が

50%を占めます。

 

その中身は、エアコンが1位で25%

冷蔵庫と照明がそれぞれ16%

テレビが10%です。

 

また、省エネ技術により、エアコンは

過去14年でエネルギー使用量が40%も

少なくなり、

冷蔵庫の電力消費量は過去5年で半分に

なりました。

 

液晶テレビはブラウン管テレビに比べて

半分の電気代で済みます。

 

自動車でも、ハイブリッドカーが誕生して

燃費が大幅に改善されました。

 

 

省エネ基準

トップランナー基準

さまざまな分野で、省エネ型製品が普及した

理由に、トップランナー基準や省エネラベリ

ング制度があります。

 

トップランナー基準とは、テレビ、エアコン、

冷蔵庫、自動車などの23品目では、エネルギー

消費効率を現在販売されている商品のうちで

最も優れている製品、トップを走っている

製品の性能以上にするという制度です。

 

これにより、省エネ基準値を達成できるよう

に、各メーカーは省エネ技術の開発に取り組

むことになります。

 

 

省エネラベリング制度

国の省エネルギー基準をどの程度達成してい

るかをラベルに表示する制度です。

 

エアコン、冷蔵庫などの18品目にはこのラベ

ルが張ってあり、購入の際の商品の省エネ性

能をチェックできます。

 

省エネラベルには、エネルギー消費効率や

省エネ基準の達成率などが書いてあります。

ラベルの省エネ性マークがオレンジ色は

基準未達成

緑は達成率100%以上です。

 

真ん中に省エネ基準の達成率

右側に消費効率で数値が高いほうが効率が

良いことです。

 

 

スポンサードリンク

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。