エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

将来の水力発電はどうなる?

将来の水力発電はどうなる?

水力は、簡単な構造の水車で、何千年も

の間利用されていました。

風力や太陽エネルギーと違い、すでに世界

の電力の約20%を作り出しています。

しかし、風力も太陽エネルギーも水力も

もっとたくさんの電気を生み出せるのでは

と期待されています。

水力発電のこれからについてみていきます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

水力発電ができる場所

地球上で水力発電ができる場所すべてを利用

すれば、世界の電力の80%を作ることができ

るといわれています。

 

しかし、これは簡単なことではないですよね。

残された水力発電に向いた場所は、その多くが

産業がまだ不十分な発展途上国にあって、

ダムを造るのにとてもお金がかかってしまいます。

 

走りやすい道路はわずかで、電気を送るための

電線もないからです。

 

自身がおきやすい地方だったり、政治的に不安定

なところかもしれません。

 

また、これ以上に大規模な水力発電所を造ると、

環境に重大な影響を与えることになるかも知れ

ません。

 

発電量を増やす方法

 

今ある施設を使いながら、発電量を増やす方法を

考えています。

たとえば、コンピュータでコントロールするシス

テムを取り入れたり、タービンをさらに改良した

りするなどです、

そのほかに、余った電力で、水素を発生させ、

燃料電池に利用することも考えています。

 

 

小さな規模

別の取り組みで、小さな規模で電力を生み出す

計画があります。

 

環境に対するダメージも少なく、工事も楽です

今では、水力が弱くても無駄なく電気を起こせ

るタービンも作られています。

 

また、石油や石炭が安かったため1950年から60

年代の使われなくなった小規模水力発電を再

始動させる計画もあります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。