エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

化石エネルギーを減らし、エネルギー源を組み合わせる

化石エネルギーを減らし、エネルギー源を組み合わせる

多くの発電所は化石燃料を使っているので

私たちの生活や産業で電気をあまり使わない

ようにすれば、化石燃料の使用量も減らせる

ことになりますね。

また、発電所の効率をよくすれば、同じ量の

燃料でも、より多くの電気を作る出せるでし

ょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

いろいろなエネルギー

 

人々は何百年も前から、いろいろな種類のエ

ネルギー源を利用してきました。

たとえば、水力でうすを引いたり、風力や

馬の力で水を汲んだりしていました。

 

しかし、飛躍的な進歩が起こったのは、18

世紀終わりから19世紀にかけて、エネルギー

源をうまく利用する方法を考え出したとき

でした。

 

それまでのエネルギーは化石燃料のためず

っと目立たない存在になりました。

化石燃料の利用は1760年代に始まりました。

イギリスのジェームズ・ワットが石炭で動く

蒸気エンジンをより使いやすくしたものです。

 

1880年にはいると、電気を作るビジネスが

誕生しました。

 

はじめは石炭が利用されていましたが、その

うちにガスや石油も同じように用いられる

ようになりました。

 

化石燃料は、安くて有り余るほどあったので

あっという間に主要なエネルギー源になりま

した、

 

その後、第二次世界大戦か終わって原子力

エネルギーの登場です。

 

しかし、それまでのエネルギー源はほとんど

無視されたままでした。

 

 

エネルギーの組み合わせ

 

エネルギー源にはそれぞれ歴史があり、

何千年も前からあるエネルギー源もあります

ただし、ひとつのエネルギー源では、化石

燃料の代わりにはなりません。

 

風力、太陽光、原子力など、あらゆるものを

組み合わせる必要があります。

たとえば、未来の家の屋根にはソーラーパネ

ルと小型の水車がついているかもしれません。

 

ボイラーははずされ、水素を燃料にした燃料

電池で発電し、残った熱でお湯を沸かします。

自動車も燃料電池で走るでしょう。

 

 

警告

 

100年前の科学者たちは、いつか世界から石油

も石炭もなくなると警告し続けてきました。

しかし、この警告は無視されてきたのです。

今日、科学者やエネルギー会社は石油を使い

切ってしまう前に、大急ぎで新しいエネルギー

を作り出さなくてはならなくなりました。

スポンサードリンク

 

 

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。