エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

今までの化石燃料、これからの新しい燃料

今までの化石燃料、これからの新しい燃料

現代の社会は、たくさんのエネルギーを

必要としています。

私たちは電力を利用して、テレビやエアコン

洗濯機などさまざまな電化製品を動かしてい

ます。

もし、世界がこのまま、石炭、石油、天然

ガスを使い続けて。電気を家庭に送ったり

自動車を使い続ければ、発電所は燃料がた

らず、停電が起こり、街は真っ暗になって

しまいます。

化石燃料と新しい燃料を見てみましょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

化石燃料の消費

現在、世界の電力の大半は、石油

石炭、天然ガス、ピートといった化石燃料が

生み出したものです。

 

これらの燃料は、何千万年も前の生物の死がい

からできていますが、この化石燃料の量はか

ぎられています。

 

特に中国やインドなど、最近工業が発展して

来た国は、燃料の消費が多くなってきます。

 

そうなると、今ある分はすぐになくなってし

まうでしょう。

21世紀中に世界が必要とするエネルギーの量は

倍以上に増えそうです。

 

 

新しいエネルギー

私たちは、今すぐにでも、太陽、風力、水力と

いった再生可能エネルギーをもっと利用しなく

てはなりません。

 

これまでに何回か人類に対し警告がでていたの

です。

1970年代、石油の生産国が集まる中東で戦争が

起こったり、

政治的に不安定だったりしたため「エネルギー

危機」が訪れました。

 

使える石油の量が減り、値段がとても上がった

のです。

 

この影響で、たくさんの国が、風力エネルギーや

太陽エネルギーなど、代わりのエネルギーを考え

はじめました。

 

 

地球温暖化

 

化石燃料を減らしていかなくてはならない大きな

理由があります、

それが地球温暖化です。

 

石炭、石油、天然ガスを発電所で燃やすと、大量

の二酸化炭素が出ます。

 

二酸化炭素は温室効果ガスのひとつで、地球温暖

化の原因といわれます。

 

大気中に含まれる二酸化炭素の割合は、毎年最高

を記録しています。

 

地球温暖化によって起こる気候変動、海面の上昇

異常気象をなくすためにも、化石燃料の割合を

下げる必要があります。

 

スポンサードリンク

 

 

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。