エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

ウランから原子力エネルギー!長所と短所の秘密

ウランから原子力エネルギー!長所と短所の秘密

 原子力エネルギーとは、ウランなどの

原子核が中性子を吸収して、核分裂する

際に発生するエネルギーを利用して発電

する原子力発電を意味します。

ウラン235

原子エネルギーの燃料として使われる物質

はウラン235です。

自然界に存在するウランには核分裂を起こ

さないウラン238が99.3%

核分裂をするウラン235は0.7%しか含まれ

ていません。

原子力発電にはウラン235の濃度を3~5%まで

高めた燃料が使われます。

核分裂

 ウラン235に中性子が1つあたると、ウラン

の原子核が割れる核分裂を引き起こします。

この時、中性子が2~3個飛び出し、核分裂

生成物ができ、同時に熱が発生します。

この熱が原子力のエネルギーです。

ちなみに、核分裂生成物とはヨウ素131

セシウム137、ストロンチウム90など核分裂

によってできる物質です。

放射能を持つものが多い。

 核分裂できた中性子を次々に別のウラン235

にあてると、核分裂が連続して起こります。

これを臨海と言います。

原子力発電は、その時発生する大量の熱を

利用して電気を生み出します。

原子力の長所と短所

原子力の長所は、少ない燃料で大量のエネルギ

ーを得られます。

発電中に二酸化炭素が出ません。

使用済み燃料を再利用できるのです。

短所として、燃料のウランも限りある資源で

枯渇する可能性もあります。

事故が起きたとき、周辺の環境に重大な影響を

あたえます。

使用後の放射性廃棄物の処理が難しい。

原爆など軍事利用されるなどの欠点があります。

スポンサードリンク

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。