エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

化石エネルギーの環境問題

化石エネルギーの環境問題

地球温暖化はモルディブ、セイシェル

マーシャルなどの海に浮かぶ美しい島々

を水没させるのではないかと心配させて

います。

化石エネルギーの大量消費によって排出

される二酸化炭素の増加が地球温暖化の

原因のひとつと考えられています。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

環境問題

化石エネルギーを燃料に使う工場や火力

発電所、自動車などからは、大気中に二酸

化炭素や窒素酸化物、硫黄酸化物がたくさ

んでています。

 

だだし、化石エネルギーの中でも天然ガスは

燃やしても二酸化炭素の発生がすくなく、

硫黄酸化物は発生しないので比較的クリーン

なエネルギーです。

 

窒素酸化物・硫黄酸化物

 

化石燃料を燃やすと窒素酸化物の一酸化窒素

が出ます。

これは紫外線によって二酸化窒素に変わります。

これらは光化学スモッグを発生させるなど、代

表的な大気汚染物質です。

 

また、化石燃料から出る硫黄酸化物は水と反応

すると強い酸性を示す特性があり、窒素酸化物

と同じく酸性雨の原因になります。

 

 

酸性雨

 

酸性雨とは、環境問題の一つとして問題視される現象で、大気汚染により降る酸性の雨のことを指す。酸性の雪は酸性雪、酸性の霧は酸性霧と呼ばれる。

ウィキペディア

 

酸性雨の原因は、石炭などの化石燃料の燃焼や火山活

動などにより発生する、硫黄酸化物 (SOx) や窒素肥料

由来の窒素酸化物 (NOx) 、塩化水素 (HCl) などである。

これらが大気中の紫外線、水や酸素と反応することに

よって硫酸や硝酸、塩酸などの強酸が生じ、雲に取り

込まれ、雨を強い酸性にする。

 

また、アンモニアは大気中の水と反応し塩基性となるた

め、酸性の降雨により土壌に運ばれた後に硝酸塩へと変化

することで広い意味で酸性雨の一因とされます。

 

大気中に放出されるアンモニアについては、人間の活

動や家畜糞尿に起因するものが問題視されています。

 

元々19世紀のイギリスでは、産業革命の進展により大

量の石炭やコークスが消費されるようになっており、

その排ガスが原因で降水が酸性化していたことが分か

っているのです。

 

 

 

二酸化炭素が原因

 

二酸化炭素は地球温暖化の原因のひとつとされ、

その濃度の高まりと気温の上昇の関係が指摘

されます。

 

地球の気温が上がると、海面が上昇し、海面

からの高さの低い土地や島の水没が心配されて

います。

 

窒素感化物、硫黄酸化物は大気中で化学反応を起

こし、酸性の雨を降らせます。

 

酸性雨は気や植物などを枯らし、土の中にしみこ

んで川などに入り、魚や水中の生物に悪影響をあ

たえます。

 

スポンサードリンク

 

日本の石油生産

新潟県や秋田県の日本海沿岸、北海道の

勇払原野で原油が産出されています。

 

生産量は年間580万バレルで全消費の0.5%

に過ぎません。

 

原油の存在は江戸時代にも記録が残って

いますが、日本の石油産業の始まりは

新潟県尼瀬油田で機械掘削が成功した

1891年です。

 

 

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。